豊田道倫『SING A SONG 2』CD三枚組 特典セルフライナーノーツ付
豊田道倫『SING A SONG 2』CD三枚組 特典セルフライナーノーツ付

豊田道倫『SING A SONG 2』CD三枚組 特典セルフライナーノーツ付

¥3,240 税込

送料についてはこちら

※こちらはクレジット決済とコンビニ決済のみ受付けております。 銀行振込をご希望の方は、 http://head-phone.in/?pid=78804969よりお買い求めください。 <収録内容> (disc1) 1.弱いカップル 2.行きずりの街 3.mtb 4.パンとコーヒー 5.軽トラ・トラ 6.501 7.39度6分 8.29000円 9.後悔 10.10年ぶりにさようなら 11.暮らしているよ 12.元気だよ 13.洗剤を買う時の気持ちはどう言えばいいのだろう 14.2011 (disc2) 1.ハーバーライト 2.SEA MAN 3.さようなら、おはよう 4.ゴミさま 5.もりのねこ 6.11年の夏 7.ミルキーソング 8.大海原 9.串カツ、食べるか 10.忘れたbaby 11.サマー 12.素朴なあの子 13.グッバイ大阪 14.月の下、池のそば (disc3) 1.結婚の理由 2.ワークソング 3.私のコーヒー 4.ライオンとカレー 5.FGV 6.覚醒剤 7.おっさん&おばはんイリュージョン 8.愛とは 9.幻と名付けたんだ 10.飲みくらべ 11.マーマレイドの街 12.新開地 <本人コメント> 『SING A SONG』というアルバムを作ったのが、2004年。34歳の時でした。当時、どこのレーベルからも声が掛からなくて、「もうそろそろ大阪帰ろう。このストック曲、全部録音してから」と、エンジニア内田直之くんを呼んで、一日で2枚組の28曲を録音しました。 悲愴な心持ちで作ったアルバムから、また少しずつ道が開け、それから10年何とか東京で生きてきました。 そして、あれから10年経ち、この間アルバムも何枚か出してきましたが、そこからこぼれる曲も結構あり、数えてみたら40曲。これは3枚組かな、と。。 大阪の新しいレーベル、FJP-TRAX(カオリーニョ藤原さんの『カオリーニョ藤原の真実』というアルバムをプロデュースさせて貰いました)から、今回のリリースが決まり、前回と同じく内田直之くんにお願いして、ラジオ局にバイノーラマイクとNEVEのプリアンプ、コンピュータを持ち込み、前回と同じく一日で録音してきました。 準備も時間をかけて、朝練でリハスタに通い、何とか無事やれましたが、そこからしばらくは呆然と、廃人状態でした。。 自分では分析など出来ませんが、妙に青臭い熱いアルバムなような気もします。かっこよくはない。 この10年で、成熟など全くしてこなかったようです。それは薄々わかってましたが。 それでも、胸を張って、44歳の最高のアルバムを作れたなと言えます。 いい曲も、だめな曲も、まあまあな曲も、よくわからない曲も、色々入ってます。 何かを見つけてもらえたら__。 よろしくお願いします。 豊田道倫