LP
パラダイス・ガラージ『居酒屋たよこ』(7インチ・レコード)
5ce673a6a8945257a5454915

パラダイス・ガラージ『居酒屋たよこ』(7インチ・レコード)

¥1,620 税込

送料についてはこちら

昨年18年ぶりにパラダイス・ガラージ名義でリリースしたアルバムから、ファンの間でも人気の名曲「居酒屋たよこ」がアナログ化。カップリングには未発表曲と、A面曲のモデル"たよこ"さんとの会話が収められたファン必携の完全限定シングルです!本人によるライナーノーツ、ダウンロードコード付き。 90年代から「宅録ポップスの鬼才」としてインディーズ・シーンでカルト的な人気を集め、銀杏BOYZ・峯田和伸氏やスカート澤部氏など多くのアーティストがファンを公言する孤高のシンガーソングライター、豊田道倫=パラダイス・ガラージ。今作は、Logic Pro Xを駆使し全ての楽曲を一人で作りあげた傑作アルバム『愛と芸術とさよならの夜』('18年10月リリース)からのアナログ・シングルカットです。 A面「居酒屋たよこ」はアルバムの中でも異彩を放っていたパラガ流フォークソングで、ギター1本で弾き語られる"たよこ"さんとの想い出にどうしようもなく胸を打たれる名曲です。そしてB面に収録の「2019年2月4日」では、その"たよこ"さんと亀戸のサイゼリヤにて録音された会話が収録されているという、コンセプチュアルな仕掛けが施されています。 そしてB面のもう1曲「大阪で一番長い詩を書いた」は、ここ数年のライブの定番曲で、ファンの間では音源化が待ち望まれていたアルバム未収録曲。ジャングリーなギター・サウンドにのせて吐露される豊田節全開の歌詞が痛快なアウトサイダー・ポップソングです。 ジャケットには、Supreme2018年秋冬コレクションにアートワークを提供したことでも話題のアーティスト、オートモアイによるイラストをフィーチャーしています。 Side A 1. 居酒屋たよこ Side B 1. 大阪で一番長い詩を書いた 2. 2019年2月4日